IELTSのコツ、お知らせします 1(スピーキング編)

 

オーストラリアでIELTS(アイエルツ)はビザ、大学進学、専門学校進学などなど、

とても広く使われている試験です。

 

 

試験でポイントを上げるには、何を求められているか知ることが大切ですね。

TOEICでもケンブリッジでもTOFELでもそうです。

 

 

ということで、今回はコツの第1回ということで、スピーキングのコツについてお知らせします。

 

 

IELTSのスピーキングの際、試験官が何を

ポイントに見ているかを知ることがコツです!

 

 

見ているポイントは4つ

1.流暢さ

日本人によくあるのは、Yes, Noは言えても、その後話し続けることはしないですよね。

これ、損なのです!

とにかくたくさん話して、流暢さを見せましょう!

 

 

2.ボキャブラリー

たくさんのボキャブラリーや、言い回しができることを見せましょう!

 

 

 

3.文法

様々な文法が使える、ということを見せましょう!

関係代名詞や、比較級も組み合わせると、できる人に!

例: Where are you from?

I am from Tokyo, Japan.

→ I am from Tokyo, which is the biggest city in Japan.

関係代名詞と比較級が入りました。

 

 

4.発音

こちらは急にうまくなる!ということはないですが、

thや、lとrなど、日本人は苦手ですよね。。

 

 

オーストラリアでは、たくさんの学校がIELTSのコースを持っています。

試験官の先生がいる学校

伸びが早い学校

受けられた方の平均が7の学校

パートタイムで受けられる学校

弱点強化をしたい際に適した学校

 

 

などなど、ご希望により、ご案内が可能です。

IELTSのことならエミクまで!

 

Email: emic@visanet.com.au

Tel: 02 9264 1911

Web: http://emic.visanet.com.au/

 

 

他の最新情報も読む