IELTSのコツ、お知らせします 2(リーディング編)

 

オーストラリアでIELTS(アイエルツ)はビザ、大学進学、専門学校進学などなど、

とても広く使われている試験です。

 

試験でポイントを上げるには、何を求められているか知ることが大切ですね。

 

TOEICでもケンブリッジでもTOFELでもそうです。

 

 

ということで、第1回に続き、2回目として、今回はリーディングのスコアについてお知らせします。

 

 

リーディングにも、問題が40から42問あります。

こちらは、アカデミック・ジェネラルの区別があるので、必要なモジュールのテストを受けます。

 

そこで、目安にしたいのが取得スコア。

 

 

ジェネラル

IELTS 5を目指している方!

例えば、40問中23~26問正解なら5のスコアになります。

ということは、40問中15問間違えても、目標スコアになるということです!

 

 

IELTS 5.5を目指している方!

例えば、40問中27~29問正解なら5.5のスコアになります。

ということは、40問中12問間違えても、目標スコアになるということです!

 

 

IELTS 7を目指している方!

例えば、40問中34~35問正解なら7のスコアになります。

ということは、40問中6問間違えても、目標スコアになるということです!

 

 

そう考えると少し気持ちが楽になりませんか?

 

 

 

オーストラリアでは、たくさんの学校がIELTSのコースを持っています。

試験官の先生がいる学校

伸びが早い学校

受けられた方の平均が7の学校

パートタイムで受けられる学校

弱点強化をしたい際に適した学校

 

 

などなど、ご希望により、ご案内が可能です。

IELTSのことならエミクまで!

 

Email: emic@visanet.com.au

Tel: 02 9264 1911

Web: http://emic.visanet.com.au/

 

 

他の最新情報も読む